シビック TYPE-R 2015のスペックが凄いです.

11 3月

ジュネーブでお披露目になったようですが,そのスペックが凄いです.

まず外観ですが,カッコイイです.

以下の画像は,ホンダUKのサイトから頂きました.

Civic2015 02120

4ドアですが,後部ドアのノブがCピラーと一体化したような意匠となっており,非常にスマートです.

ホンダらしいデザインで,かなり「イカツイ」デザインですね.

 

スペックについてちょっと調べて,GVBと比較してみました.GVBとはキャラクタの全く違う車ということは承知していますが,所有車であり自分のベンチマークですので,表にしてみました.

スクリーンショット 2015 03 11 13 45 29

まず,出力が凄いです.280は超えるとのことでしたが,GVBをも凌ぐものとなりました.また,トルクがかなり低回転で発生しており,燃費の良さにも繋がっているように思います.

また,ブレーキが豪華です.ロータ径が350mmということで,これも販売価格500万を大きく切る車の中では,かなり大きなものだと思います.ただ気になるのは,これだけのブレーキが必要となる車重となっているのかどうか…です.GVBが1470kg,ベースの欧州シビックが1300kgくらいだったと記憶していますので,1300から1400kgくらいに収めてくれれば…と思います.

ブレーキが大径な為なのか,タイヤも扁平の35となっています.噂では20インチなんて話もありましたが,そこよりは現実的な数値となりました.とはいえ,市販車としてはビックリさせられる値ではあります.

 

買える訳ではないですが,凄く嬉しくなるようなスペックが並んでいて,興奮してしまいました.

ホンダが再びこういった車を出してくれて非常にワクワクしています.限定1000台という噂もありますが,もう少し大人しいスペックでも良いのでカタログモデルとして,常に比較して購入出来る車を用意して貰えればと思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です