Mac miniのSSDを交換しました.

9 2月

私の使っているMacminiは,「2.3 GHz Intel Core i7」を積んだlate2012モデルの製品を,自分でSSD化しています.CPUは現在大きな不満はないのですが,SSDが240GBと少ない為,かなり難儀していました.

円安の影響で,輸入品であるPCパーツについても値上がりが予想されるとのことで,思い切ってSSDを交換することとしました.

 

DSC 5145

SSDは丁度値下がりしていた「intel 730」を選択しました.これまで使用していたSSDは,「intel 330」でした.今日までの数年間,容量が逼迫する中でもノンストップで動き続けた実績を鑑みて,今回もintel製を選択しました.SUNDISKやサムスンも候補には上がりましたが,3bitタイプのメモリがちょっと不安に感じ,今回は見送りました.

DSC 5151

付属品はこんな具合です.

 

DSC 5154

DSC 5168

「intel 730」と「intel 330」との比較です.薄くなっています.スペーサも付属せず,開梱後にちょっと焦りましたが,Mac miniには加工や追加部品なしで取り付きます.730の骸骨のようなマークはシールです.ちょっと安っぽい気もしますが,実際安くなっているので仕方ないです.

 

DSC 5159

Mac miniの作業に移ります.右回りで開放です.以下に写真を示します.作業に夢中で途中ちょっと写真が抜けてしまったので,手順はiFixitなどで確認してみてください.

 

DSC 5162

DSC 5179

DSC 5174

DSC 5177

DSC 5172

DSC 5171

この後元に戻して完了です.
これまで,環境移行アシスタントで移行を行っていましたが,今回はエラーで旧SSDである330が読み込めずに断念.新しくインストールしなおしました.ブックマークなど大抵の項目はiCloud経由で移行可能ですので,メールデータだけ移行しました.それ以外は外部のDroboに置いているので,移行作業はなしです.

 

これで,しばらくは不満なく使えます.正直なところ,Mac Proを買ってしまうか…とも思っていましたが,暫くはお預けになりそうです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です