GVBのウィンカーをLED化しました.

12 10月

以前から構想していたGVBのウィンカのLED化ですが,漸く実現出来ました.以下にその顛末を書きたいと思います. 

まずは,リレーのハイフラ対策を行いました.ハイフラ対策リレーはいくつもありますが,今回は奮発して「OGS製 ウィンカー アジャストメント リレー」を使用することとしました.

DSC 4027

DSC 4026

このリレーは,点滅間隔をデューティー比を変更する事が可能なリレーです.また,ウィンカとハザードの設定を個別に行う事が出来る優れものです.

DSC 4041

これらの操作は,ウィンカレバーの操作によって,コマンド入力のように行います.なので,リレーユニットは手の届かない位置に設置しても問題ありません.

DSC 4028

GVBのウィンカリレーは,運転席の足下にあります.内張りを剥がすと,ここにリレーが見えます.

DSC 4034

リレーはこのようなベースに乗っています.写真見切れて上端にあるのがウィンカリレーです.8Pinタイプです.→の2カ所の爪を外すとベースごと引き出せます.

DSC 4037

こんな具合です.上の白いブロックがリレーです.その上の黄色いコネクタがリレーのコネクタです.ここにリレーを接続して,適当な箇所に両面テープやインシュロックで固定します.

懸念事項だったアンサーバックも全く問題なく行う事が出来,一安心です.

続いて,バルブは「PHILIPS製 エクストリームアルティノンLEDT20アンバーWY21W(T20)」を採用しました.このバルブを使用した理由は,使用しているLEDにあります.

DSC 4050

現在,アンバーのLEDは「直接半導体に橙色光を発せさせるタイプ」と,最近市販されるようになった「青色LEDで蛍光体を励起させて橙色光を発せさせるタイプ」があります.現状,後者の方が発光効率が高くなっているようです.ただし,後者は高価かつ入手性が非常に悪いです.また,日亜もこのタイプのLEDをカタログに載せていて,更にPhilipsの製品より高出力ですが,まだサンプル出荷段階のようです.

DSC 4063

発光部のチップ上には,蛍光体が塗布されています.形状は,通常のLumiledsシリーズ同様です.これが2つ付いています.基板は通常のアルミベース基板のようです,熱密度としても妥当な設計でしょうね.ヒートシンクは若干小さい気がします.表面積の合計を考えると連続点灯は難しいようです.

DSC 4066

点灯させると目に跡が残ります.数秒でヒートシンクが暖まります.この暖まる速度を考えると,非常に熱抵抗を低く抑えているようです.根元のコネクタはセラミクスのように感じますが,実際はどうなのかは分かりません.

DSC 4067

14Vを加えると,0.44A流れます.つまり,7W弱ですね.このバルブの面白いところは,電圧を変化させると,電流が飛びます.つまり,リニアに変化しません.効率を上げる為でしょうか.

Th P1160148

ここで参考資料です.上記画像は,以前展示会で見かけたPhilipsブースのLUMILEDS紹介です.ここのアンバーに注目です.

Th P1160149

接着が曲がっていますね.ではなく,アンバーに2種あります.このうち,左の「PCAmber」こそが,「エクストリームアルティノン」に採用されているLEDです.恐らく,当初から車載用途をターゲットとして開発されているものと思われます.

このチップ,そして出来の良い放熱構造が採用理由となります.

続いて取り付けの様子です.

DSC 4071

こちらが電球の状態.黄色がアクセントになっていますが,人によってはちょっと好みが分かれるかもしれません.

DSC 4072

LEDではこんな具合です.チップも正面から見えなくなります.こうやって見ると,7W(損失は5W?)の割にはヒートシンクのフィンが少ないですね.恐らく,バッファとして熱を貯めておこうということかもしれません.

DSC 4074

リアの電球も,若干色が見えます.レンズはクリアです.

DSC 4075

LEDはこんな具合です.目立たないですね.

DSC 4085

そして,順光状態でフロントの点灯してる様子です.片側だけ交換しました.電球は発光開始時や発光終了時に後引くようになりますので,最も明るいときを狙いました.殆ど差が分かりませんが,肉眼ではLEDの方が若干明るいようです.

WppicDSC 4157

順光状態でリアの点灯してる様子です.これは,LEDの方が明るく見えますね.これも,最も明るい瞬間を狙いました.

WppicDSC 4096

逆光状態でリアです.これはLEDの方が明らかに明るいですね.

DSC 4110

点灯時のフロントアップです.

DSC 4121

点灯時のフロントのLEDです.リフレクタに反射しています.これは,バルブのLEDチップ位置と,白熱球のフィラメントの位置が近い為だと思います.

DSC 4104

リア点灯時のアップです.

DSC 4099

リアもリフレクタに回って良い感じです.ちょっと眩しいくらいですね.

 

余談ですが,GVBはバルブ交換が大変ですね.

DSC 4196

フロントのバルブ交換は,正面向かって右側はバッテリをズラしてなんとか,左側はエアクリボックスを丸ごと外して行いました.

DSC 4170

さっさと毒キノコにしておけば,こんな苦労はしなくて済んだのですが…

DSC 4167

ついでに,下部チャンバーを外してしまいました.吸気音に変化があるというネット情報を目にした為です.が,効果の程は分からず仕舞いでした.やはり毒キノコにするしかなさそうですね.

 

今回のバルブは,自作するか悩んだ末に既製品を購入する事となりました.結果は満足出来るものでした.続いては,ブレーキランプのLED化を行いたいと思います.

2 thoughts on “GVBのウィンカーをLED化しました.

  1. レヴォーグに乗っているものです。ウインカーアジャストメントリレーの購入を検討中です。こちらのブログ大変参考になりました。

    • 書き込みありがとうございます.お役に立てたようで良かったです.このリレーはかなり便利ですので,お勧めです.
      ただ,リレー音は電子音に近く,好き嫌いが分かれるかもしれません.youtubeなどで確認されることをお勧めします.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です