スバル WRX-STI GVBのロービームヘッドライトは暗い?

3 11月

■ヘッドライトが暗い?
スバル WRX-STI (以下GVB)のロービーム(すれ違い用前照灯)ヘッドライトが暗い…ということは,よく言われているように思います.私自身,乗り始めた頃は気にしなかったのですが,最近になって後述のカバーの劣化も相まって,気になってきました.


ヘッドライトのデザインは,非常に好きなのですが…
夜道を走ることが多いので,やはりヘッドライトは明るい方が嬉しいです.

ずばり,結論から言うと,スバル WRX-STI (GVBインプレッサ)のヘッドライトは暗いと言えると思います.ただ,ある一面では優れているとも言えるので,一概に劣っているとも言えません…
その優れている面とは,配光と均一性です.これらはさすが純正品…と言えるものです.問題となる点は,均一すぎて遠方を照らす中央のカットライン付近における,ピーク輝度が足りない…点にあるように思います.つまり,近くを照らす範囲は暗く,遠くを照らす範囲は明るく…という配光にはなっていません.これが,暗く感じる原因のひとつかもしれません.

その他,設計・構造的な問題点として,以下に2点を挙げてみました.

■ヘッドライトが暗く感じる原因 その1

設計的に,元来光の無駄が多い光学設計である.

GVBのロービーム(すれ違いよう前照灯)ヘッドライトは,プロジェクションヘッドライトです.このタイプは,ランプの裏側にリフレクタ,ランプの前側にレンズを備えています.このレンズが,2.5inchという小さめのサイズとなっている点が特徴です.一般的なサイズは,3.0inchです.これはデザイン性を考えての選択だと思いますし,その狙いは全く問題ないと思います.


ヘッドライトを覗き込んで,銀色の輪っかに縁取られているレンズが,ロービーム用のユニットです.

このヘッドライトを分解したところ,このロービームのユニットに気になる点がありました.

下図に示しているのは,GVBの純正ローブームランプユニットとアフターパーツのランプユニットの比較です.画像の上側がレンズ(光が出力される側),下側がバルブです.

左から,
3.0inchタイプ(3.0inchのレンズと3.0inchのリフレクタの組み合わせ)
GVBの純正  (2.5inchのレンズと3.0inchのリフレクタの組み合わせ)
2.5inchタイプ(2.5inchのレンズと2.5inchのリフレクタの組み合わせ)


GVBの純正ロービーム,頭が小さくて,リフレクタが大きく見えないでしょうか.
実は,GVBの純正ロービームは,2.5inchのレンズと3.0inchのリフレクタの組み合わせになっています.

いずれのリフレクタはほぼ放物線タイプですので,平行光を発していると考えられます.
このような2.5inchのレンズと3.0inchのリフレクタの組み合わせの問題点としては,リフレクタの反射した平行光の外側部分を,捨ててしまうことになる…ということが挙げられます.ランプの発生させることが出来る光の量は決まっていますので,捨ててしまう分,前方を照らす明るさは暗くなってしまいます.

一方,一見無駄に見えるこの構造には,利点もあります.配光のムラが大きくなりがちな周辺部の光をカットすることで,配光がより均一になります.また,横方向の配光が若干多めに出る(カットラインが真横近くまで回り込んでいる)為,左右の視界が確保出来る,ということが挙げられます.実際に,照射テストでは配光の均一性はピカイチで,更に左右の周辺光が多めであることがわかりました.

以上より,配光の均一性を重視するあまり,ランプの出力する光を無駄にしてしまっているのでは無いか…と考えています.(私の想像も多分に含みます)

 

■ヘッドライトが暗い原因 その2

ヘッドライトが曇りやすい.表面の透明樹脂部分が黄変を起こしやすい.

これは,ヘッドライトがガラスから樹脂部品になってからの宿命であり,他のモデル・他社のモデルでも大なり小なり発生する問題です.ただ,GVBのヘッドライトは,特に黄変や白化しやすいように感じます.恐らく,表面のコーティングの問題だと思うのですが,私の車より車齢の5年以上長い家族の日産車の方が,ヘッドライトがキレイ…という有様です.


こちらの写真でも,ヘッドライト上端向かって左側,少し白くなっていることが分かります.このヘッドライトユニット,一度駐車中にぶつけられてしまい,交換をしていますので,3年程度でこの状態です.3年というと,初回車検でこうなってしまう…ということですよね.

また,ヘッドライト内部への水の侵入も,このタイプの持病のようです.
このヘッドライト,ベントフィルタらしきものはあるのですが,水抜き穴を見つけることが出来ませんでした.この為かもしれません.
タカチ電機の工業用ベントフィルタの追加で解決出来ないかなと,画策をしています.

■対策へ
上記のように,GVBのヘッドライトは設計上の問題(と個人的に思っています…)を抱えていますので,今回の改造によってこのあたりを改善していきたいと思います.

原因その2の黄変や白化は,磨いたりコーティングである程度改善出来ると思います…自分も今までそうして来ました.
しかし,今回思い切ってその1を解決すべく,殻割り改造を決意するに至りました.
その顛末は,改造編にて述べたいと思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です