自宅小部屋の天井にダウンライトを取り付けました.

22 7月

私の家には,玄関の横に小さな小部屋があります.これまで物置になっていたのですが,小部屋を活用する為に天井に照明を取り付けました.
もともと,小さなウォークインクローゼットのような部屋でしたので,コンセントも照明もありません.ですので,他の場所から引いてきました.


購入した器具です.今回DAIKOさんのダウンライト器具を選定しました.
壁のスイッチを使って,光色が変更できるモデルです.
その他,ついでに交換・増設を行う玄関の器具も購入しています.



玄関に取り付ける方の器具は,人感センサ付きのダウンライトと,従動する調光対応タイプのダウンライトです.人感センサ付きのダウンライトは,個人的に好きな調光タイプ(人が居ない時は暗く点灯,人が居ると明るく点灯)としました.

このタイプは,ちょっと消費電力が増えますが,凄く使いやすいのでオススメです.
施設では採用例を見かけますが,一般家庭ではまだ少ないと思います.
従動するダウンライトも,全て調光します.


外観はこんな具合です.
センサの検出設定スイッチにカバーが付いているので,かなりスッキリした外観です.


従動の調光対応ダウンライトは,こんな具合です.
ちょっと高さがありますが,器具外径よりも上部のボックスが小さいので取り付けやすいです.


今回の取り付けにあたって,φ100のホールソーを購入しました.
これで,ダウンライトがつけ放題です.


こんな具合で,あっさりとキレイな丸穴があきます.
イナーシャ?が大きいので,停止時や噛んだ時に持っていかれないように要注意です.


こんな具合です.


通線をします.恐らく多くのDIYされた経験者が同じ感想だと思うのですが,この通線が一番大変でした.通線さえ終われば,あとはあっという間・むしろ楽しいです.


この小部屋の器具は,人感センサなしのためシンプルな外観です.このレフ部分もダイカストのようで,放熱は良さそうですね.
ダウンライトは,左右の羽のようなバネで固定します.なので,本当にワンタッチで固定できて非常に楽です.この構造を考えた方,凄いです.


この部屋にはスイッチがないので,露出型のスイッチを取り付けました.
また,コンセントも無かったので,並べてコンセントも設置です.


こんな具合に天井近くに設置しました.
天井が低いので,十分手が届きます.


小さい部屋ですが,用途の関係で2灯付けます.
場所も,片側の壁に少し寄せています.
このあたりの按配を好きに出来る点は,DIYの良い点ですね.

配線の分岐は,ワゴさんのコネクタで処理です.
このあと,カバーを付けて天井に収めます.


ダウンライトを穴に収めると…一気にスッキリとします.

このダウンライト,点灯時は電球色ですが,スイッチをOFF→ONと素早く操作すると…


光の色を温白色に変えられます.
ちょっとオートホワイトバランスが効いてしまっていますが,実際はもっと大きく変わっています.写真からも変わっていることは見ていただけるかと思います.


スイッチも,Panasonicさんのコスモとしました.
スッキリと,良い具合です.

今回,自宅の小部屋に照明器具を新設しました.
こちらのレポートではスムーズに進んだように見えますが…実際は通線で手間取りました.
なかなか思ったところにVVFケーブルが行かなかったり,天井裏の想定外のところに壁があったり…
なので,次回はしっかりと事前調査を行って,もう少し段取り良く行いたいと思います.

仕上がり自体は,とても満足出来るものとなりました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です