GVBにアンダーネオンをつけました.

15 11月

予ねてから,車にアンダーネオンを取り付けてみたいと思っていました.
色々計画を温めており,ようやく実行となった次第です.
Neopixel GVB 171115 3

アンダーネオンというと,今更と言われてしまうかもしれませんが,ワイルドスピードなどで憧れもあり,我慢ができませんでした.

取り付けるにあたって,やってみたかったことが「NeoPixel」タイプのLEDを使用することです.「NeoPixelLED」とは,LED1つ1つにマイコンが内蔵されており,多数のLEDをデイジーチェーン状に繋げることで,色と明るさ・点灯タイミングを1つずつコントロールできるLEDのことです.
このLEDを設置しておくことで,色・明るさ・光る箇所をあとからプログラムのみでコントロール出来ます.コントローラなどの詳細は,別記事で追って紹介致します.

コントローラは,タカチのケースに入れて運転席前方へ取り付けました.ここは別記事にて紹介予定です.
Neopixel GVB 171115 2

Neopixel GVB 171115 3

Neopixel GVB 171115 4

Neopixel GVB 171115 5

Neopixel GVB 171115 6

まずは,サンプルプログラムを少し弄って,虹色でのグラデーションにしています.時間が経つと,上図のように色が変化します.自画自賛になりますが,結構綺麗です.が,これを点けて走ることは出来ませんので,イベントなど用ですね.

 Neopixel GVB 171115 7

Neopixel GVB 171115 8

ここにもLEDを突っ込めそうでしたので,入れてみました.ここは,144個/mタイプという少し多めのタイプを使用しています.他は60個/mです.主に,予算と電力の関係です.

 Neopixel GVB 171115 9

側面から.

このLEDは明るい代わりに電力をかなり食います.(1粒でMax60mA)また,電源電圧が5Vという点にも要注意です.よって,それなりに配線の太さに注意しないと,電圧降下によって誤作動することがあります.

配線,その他周辺機器については,後ほど紹介致します.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です