壁埋め込み型 USB Type-Cコンセントを買いました (Panasonic WN1477SW)

3 6月

壁埋め込み型 USB Type-Cコンセントを買ったので,その簡単なレビューです.

Panasonic WN1477SWです.
5月末頃発売ですので,まだ発売して間もない製品です.
本体色によって価格差がありますが,メーカの希望小売価格が8500円から,実売で5000円からといったところのようです.


いつもどおりのPanasonicのシマシマの箱です.


開けてみると,こんな具合.説明書も入っております.
箱の印刷と説明書の内容は,panasoncの電設資材サイトで全文見ることが出来ますので,割愛します.


しっかりハマっています.


取り出すと,こんな具合です.
艶あり白色を選択しました.理由は安価な為…です.

上にUSB-Aタイプ,下がUSB-Cタイプのコネクタです.
同時に出力可能ですが,同時出力時はそれぞれ”5V 1.5A”に制限されるので,注意が必要です.

最大18Wとなっています.
出力できるプロファイルは,後ほど.


側面はこんな具合です.
いつもの白と緑ですね.


背面です.
背面には,各USB端子から出力可能な電圧と電流のプロファイルが刻印されています.
入力は35VAですので,あまり力率は良くない…ですね.

USB-Aは 5V と 9V 出力,
USB-Cは5V と 9V と 12V 出力です.
USB-Aでも,最大18W出力可能な点は嬉しいですね.

生産日が21年5月14日なので,QCや流通も考えると結構ギリギリです.

さて,注意点としては,入力が100Vのみとなっている点です.
最近のAC-DCアダプタは,当たり前にマルチボルテージ対応となっていますので,
その感覚で取り付けてしまわないように注意が必要です.


後ほど,USB側の出力電流や電圧について,検証してみたいと思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です